読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18きっぷの旅

6日間まず拙者おつかれ!

 

ルートは池袋新宿大船熱海沼津静岡浜松豊橋→名古屋(思い出せないからものすごく省略)→京都→神戸→岡山→高松→岡山→松江→新見→岡山→京都→名古屋→池袋

 

大都市じゃなくて田舎の方に泊まったり散策するつもりだったのに、やはり喫茶店、珈琲屋の旅になってしまった

 

原因としては宿を取っていなかったことが挙げられると思う。間違いなくその日の宿泊先のある大都市でその日を締めていた、また帰りのルートも時間的にちょうど良かったこともあり、ほとんど行きと同じところで下車していた。

 

今回記憶に残っている限り初めて行った街は神戸、岡山、新見である。

 

私は旅行で、一つの街をじっくりみたり、観光地と言われるところはとりあえず行っとこうみたいなタイプではないので、その手の旅をすると飽きてしまう。

目的の場所にさえ行けてその街のシンボルを1つ写真に収めればそれで満足である。

 

そんな旅の究極が今回の旅であったと言えよう。

断片ツアー

 

しかし往路と復路が同じルートだったことで往路に通った道を復路でまた通るというリンクもあった。

 

今回行って良かったところは折り鶴と鍾乳洞かな。

でも行ってすぐに良かったって思えるところもあれば、何年かしてその時の事とリンクして何か新しい事が発見できたりするタイプもあるからそれもまたいい。

 

行き当たりばったりの旅がしたいと言っていたのに実際できたのは井倉くらいで、でもそうやって見つけた場所は本当にドキドキしながら歩けた。

全然人がいないし店が開いてないし廃墟もどきがあるし

 

鍾乳洞までの道のりにヘビ出没注意という立て看板があってマジかよー笑ってなったり、中も思ったより暗くて狭くてカラーライトが怪しげで温度の湿度が高くて…

 

18きっぷの旅で一番の心配事だった電車の中が暇すぎかもという案件も殆ど寝ていたので問題なかったし

 

今度は北の方に行くのと四国を巡る旅したい。絶対する